鰆の叩きサラダ風

【材料】

サワラ(刺身用上身)
150g
玉葱
1/2ケ
セロリ
50g
浅月
1/3束
水菜
1/5束
アリーレット
1/4ケ
《醤油ドレッシング》
濃口醤油
360cc
煮切味醂
360cc

180cc
レモン汁
30cc
ゴマ油
10cc
とき辛子
10g
白胡麻
20g

【作り方】

サワラは、串打ち皮目に塩をふり、鰹の叩きの要領で火山(焼く)を付け、冷水に落し、水気を切っておく。
各野菜はスライスして、水に晒しシャキとさせ水気を十分切る。浅月は3cmの長さに切っておく。
サワラは、うす目の八重包丁に包丁する。野菜を器に盛り、切ったサワラを上に美しく盛る。
醤油ドレッシングは、別容器に入れ、食する直前に掛けて和えて供す。薬味に紅葉卸しを使用しても好みで良。

《ポイント》

サワラを八重包丁(切身のあいだに、3cm位包丁目を入れる)にすると、ドレッシングが、重切りの間に入って、味が良くなじむ。