Skip to content

おすすめ鮮魚

Fresh Fish

旬の魚は安くて栄養も満点。かしこく選んでおいしく食べましょう!
ご紹介したお魚は魚力各店でお求めになれます。(天候や漁の関係で入荷していない場合もございます。ご容赦ください。)

きんめだい(金目鯛)

キンメダイの「金目」はダテではありません。 すごい機能があります! 別名 キンメ、マキン、アカギ、アカギギ。 名前の由来 眼が大きく瞳孔が金色で、また体色が鮮やかな赤なこともあり、タイの代わりに使われたことから、呼ばれる…

あかかれい (赤鰈)

噴火湾産が一番。 カレイにはビタミンB群やナイアシン、コラーゲンが含まれます。 別名 アカ、アカアサバ、ミガレイ 旬 11月~4月 主産地、分布 北海道・噴火湾 特徴 赤カレイの名のとおり、目が無い面の尾に近い部分が赤く…

すけそうたら (介党鱈・助宗鱈)

親より子供の方が有名です。 北海道では真ダラよりよく食べます。 別名 メンタイ、シラシタラ、ヨイダラ、ガンスケ、標準和名は「スケトウダラ」 名前の由来 昔、佐渡は「スケ」と呼ばれ、そこでよく取れた鱈でスケトウダラ。 旬 …

めじまぐろ(若魚)

小さくても脂有ります! 何とバチマグロの4倍も。 別名 コシビ、マメジ、メジ、ヨコワ、オオシビ 名前の由来 「めじ」というのはマグロ類の幼魚に使われます。例えばクロマグロは「本めじ」、キハダは「黄めじ」、などと使い分ける…

あんこう (鮟鱇)

海鮮鍋の王様です。 肝は海のフォアグラ。栄養満点です。 旬 冬 11月~2月 主産地、分布 北海道、青森、福島、茨城、山口、中国。 名の由来 「暗愚魚(あんぐううお)」という説と、千葉県の方言でヒキガエルを意味する「アン…

またら (真鱈)

高タンパク、低脂肪、旨味成分もたっぷり 別名 ポンタラ、スイボウ 名前の由来 体表の不定形の斑紋、斑模様が語源とされます。 旬 11月~2月 主産地、分布 青森、岩手、宮城、北海道 特徴 夏場は深海、冬場は浅場に移動。一…

さわら (鰆)

サバ科の魚です。 含まれている栄養成分も真サバと似通っていて、健康に良いものが豊富です。 名前の由来 オランダ名では「サバの王様」。ロシア語のサヴァラは日本名に由来。 「さ」は「狭い」という意味で、腹が狭いということが関…

まさば(真鯖)

“腹に金筋”が浮かんだものがおすすめ。 別名 ホンサバ、ヒラサバ、ヒラ(高知)、チチサバ(青森)、ノドサバ(宮城)、アオ(山形)、バンジョー(佐渡) 名前の由来 サバは、小歯(さば)、狭歯(さば)…

ちだい(血鯛)

腹ビレが大きく、先端が尖って長くなっている等、さしずめ女王様といったところ。 別名 ヒダイ、ハナダイ、チコダイ、エビスダイ(京都、大阪)、カスゴ(東京)、コダイ(新潟、富山、高知)、ハナダイ(千葉)、マトダイ(明石)。 …

わらさ(稚鰤)

天然ワラサの脂がブーンとのってきました 別名 メジロ、ガンド。 名前の由来 英・独・蘭・露名は,<黄色い尾>,<琥珀色の魚>の意で,いずれも目の前方から尾まで黄色い線が走っていることにちなんでいます。 旬 ブリの旬は冬だ…

Scroll To Top