Skip to content

おすすめ鮮魚

Fresh Fish

旬の魚は安くて栄養も満点。かしこく選んでおいしく食べましょう!
ご紹介したお魚は魚力各店でお求めになれます。(天候や漁の関係で入荷していない場合もございます。ご容赦ください。)

あんこうきも (鮟鱇肝)

「肝は海のフォアグラ」 「アンコウの価値は肝で決まる!」 主産地、分布 玄界灘、常磐沖、三陸沖、アメリカ、中国 まめ知識 42%もの脂質を含みマグロのトロの2倍にもなります。 栄養素、旨み成分 ビタミンAをたっぷり含み、…

やりいか (槍烏賊)

コリコリ、しこしこ「料亭の味です」 今年はヤリイカが豊漁のようです。 別名 シャクハチ、テッポウ、ササイカ、サヤナガ 旬 12~3月 特徴 ヒレは細く菱形。特に腕が短く弱い。 身は柔らかく上品な味。でも栄養はスルメイカと…

あさばかれい (浅羽鰈)

カレイの煮つけといえばこのかれいです。 別名 オキクチボソ(ガレイ)、ブタガレイ 旬 11~1月 名前の由来 冬の産卵期に内湾の浅場に集まることから。 主産地、分布 北海道。オホーツク海~北陸、三陸、アラスカ。 特徴 秋…

またらこ(真鱈子)

真鱈の卵巣 煮付けると大変美味 まめ知識 鮮度の落ちが早いので、早めに調理します。 食べ方 真鱈のは、ちょと見栄えは良くないのですが、煮付けにすると美味しく食べられます。 「真鱈子の塩漬け」 丸ごと塩をして、重石をかけて…

しじみ(蜆)

お酒好きにはシジミのお汁を。 名前の由来 「ちぢみ」が転じてシジミになったといわれる。 旬 7月と2月 主産地、分布 冬は宍道湖産が身が肥えています。十三湖は砂に潜っていて採れません。 魚力のシジミは愛知県三河産が中心。…

ぶり(鰤)

天然物を見たら、迷わずどうぞ! DHA、EPAが豊富です。 別名 コゾクラ、フクラギ、ガンドウ 名前の由来 貝原益軒著の日本釈名には「あぶら多き魚なり。あぶらの上を略す」とされ、あぶらの「ぶら」が転じたとされます。 出世…

わかさぎ(公魚)

「氷上穴釣り」のワカサギを「天ぷら、フライで」カルシウムばっちり! 昔は海産、今は淡水魚 別名 アマサギ(宍道湖)、サクラウオ(茨城)、メウオ、メソグリ、シラサギ、サイチカ(群馬)、マハヤ(千葉) 名前の由来 ワカは「わ…

かき(真牡蠣)

滋養強壮に良い、栄養満点のパワーフード。 “海のミルク”といわれますが、栄養成分では“牛のミルク”より勝ります。 別名 石華、石花 名の由来 ①岩から”掻き”落として採取するから ②殻を&#822…

またらしらこ(真鱈白子)

西の横綱フグ白子 vs 東の横綱真鱈しらこ(タチ) 別名 菊子 名前の由来 菊に似ていることから菊子とも呼ばれる。非常に美味、身よりも高値で取引される。 旬 12~2月 主産地、分布 北海道~三陸。アラスカ。ロシア。 栄…

なめた(ばば)かれい(婆鰈)

標準和名はババカレイ。 口はとても小さく、「タラコ唇」がとってもカワイイです(^^)。 別名 ババカレイ、オイラン、アワフキ、アブクカレイ、ウバカレイ、ダルマカレイ、ブタカレイ、シャボン 名前の由来 ぬるぬる滑るので関東…

Scroll To Top