株主・投資家向け情報

経営情報

社長メッセージ

守るべきことをしっかりと守り、変えるべきことは勇気を持って変革する。成長戦略を描きながら、新しい魚力を創り上げてまいります。

 株主の皆様には、日頃より格別のお引き立てを賜り、誠にありがたく厚く御礼を申し上げます。
 水産業界におきましては、国内での魚離れの進行、多くの大衆魚の不漁、海外における魚食の拡がりによる仕入価格の上昇に加え、現時点では新型コロナウイルス感染症拡大の終息が見通せないなど、弊社を取り巻く経営環境は厳しさを増しています。一方、地球的規模において地上からの供給に代わるタンパク質の供給源として、また、国内外において拡がる健康志向などから、養殖業を含む水産業、また、水産物に対する注目度は高まっています。他方、東証市場再編、SDGsに関する取り組みなど新たな課題も生まれています。
 このような中、弊社は2020年に創業90周年を迎えました。これもひとえに株主の皆様をはじめ、ご来店くださるお客様や多くのお取引様のおかげであり、従業員一同、心より感謝申し上げます。今後は創業100周年に向けて更なる成長を目指し、このご恩にお応えしてまいります。
 時流は常に変化しています。時流の変化に合わせ、新しいことへチャレンジし続けることが更なる成長に繋がります。当社グループにおきましては、2021年度から2023年度の3カ年を対象とする新たな中期経営計画を策定いたしました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により消費者の生活スタイルや消費動向が大きく変化すると予想されますところ、このピンチをチャンスと捉え、中期経営計画に基づいた新たな諸施策に取り組んでまいります。
 今後とも皆様のご期待にお応えできるよう、努力を重ねてまいりますので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2021年6月
代表取締役社長 山田雅之