浅利時雨煮

【材料】

アサリムキ身(200g)、水(200ml)、酒(100ml)、砂糖(50g)、濃口醤油(50ml)、生姜(10g)、木の芽(3枚)、昆布(5g)

【作り方】

1.アサリムキ身は、良く水洗いの後、ザルに取り水気を切っておきます。

2.鍋に昆布・水・酒・砂糖・醤油の1/2量を加え火に掛け煮立ってきましたら、昆布を引き上げ、アサリを入れます。アサリがぷっと膨らんできたらザルに受けボールを敷き、アサリをあけて、再度汁を鍋にもどし火に掛けて汁をつめて行き、残りの砂糖・醤油で加減します。

3.お好みの詰まり加減になりましたら、ザルに切っておいたアサリと生姜を針に切った物を加え、ひとふきさせて火を止めます。

小鉢に盛って、木の芽を天盛りにあしらえます。

<ポイント>

アサリを煮すぎますと硬くなります。また、味醂を使用しても硬くなります。保存食なので作りおきができます。