有頭エビの塩焼

【材料】

有頭エビ
(中~大サイズの車エビの種類がおすすめ)

適量

【作り方】

有頭エビは水でさっと洗う。
背ワタに沿って、キッチンハサミで殻に切れ目を入れ、楊枝や包丁の先を使って背ワタを取除く。
殻をむかずにグリルに並べて焼く。焼く前に塩を適量振ってもよいが、食べる時、殻をむくので あまり意味がない。
熱々を火傷しないように殻をむき、塩やマヨネーズをつけて食べる。

《ポイント》

火の通しすぎに注意。硬くしまり、プリプリ感が失われる。20センチほどの大エビでも8~10分程度。
ハサミで入れた切れ目から足の方向へ殻をむくと簡単にむける。切れ目を入れるのは背ワタをとるためと 熱々でもむきやすくするため。
殻をすべてむいて焼くと、旨味が蒸発して失われやすい。