マナガツオの西京焼

【材料(1人前)】

マナガツオ切身
1切

適量
西京味噌
150g

大さじ1
みりん
小さじ2
サラダ油
適量

【作り方】

マナガツオの切身に塩を適量振り、20~30分おく。
西京味噌を酒大さじ1とみりん小さじ2でのばす(それぞれ分量は目安)。
1のマナガツオを水でさっと洗い、キッチンペーパーなどで水気を充分とる。
3の切身にのばした西京味噌をまんべんなく塗り冷蔵庫で1日~2日寝かせる。
4の切身の味噌を拭い、油をひいたフライパンやグリルで弱火で焦がさないようにじっくりと焼く。

《ポイント》

味噌はまんべんなく塗る。焼く際には、ぬぐいとる。
味噌を水で洗い落とすことはしない。
焦げやすいのでクッキングシートを敷いて焼くのがおすすめ。
弱火でじっくりと、まんべんなく焼き上げる。
2日~3日くらいたったほうが、味がしっかりついている。冷凍保存も可能。
西京味噌がない場合は、普通の味噌を酒、みりん、砂糖でのばし、 塩辛くなるので1日経ったら味噌をぬぐい取ったほうがよい。(冷凍保存可能)