ハッカクの塩焼(甘味噌添え)

【材料】

ハッカク
1尾

適量
甘味噌
味噌
大さじ1/2
砂糖
小さじ1/2
みりん
小さじ1

【作り方】

ハッカクは水洗いし、かさばる長いヒレをキッチンハサミなどで切り取る。 【背ビレと腹ビレはハサミで切れ目を入れて指で引っ張りむしり取る。 胸ビレはハサミで切落とす。】
頭を落とし、肝を傷つけないように気をつけて背開きにし、ハラワタを取除き、腹の部分を流水できれいに洗い流す。 肝はそのまま腹の部分におく。
水気を拭き取り、下味程度に身に軽く塩を振り、グリルに入れて弱火~弱めの中火で焼く。 (焼き上がりの目安時間は10分程)
焼きあがったら甘味噌をつけて食べる。

《ポイント》

ハッカクは味噌が合います。肝を包丁でたたいて上記の味噌と合わせて身に塗って焼くのもおすすめ。
皮が硬く、全身トゲで覆われているため、取り扱いには気をつけましょう。
新鮮なものは刺身もおすすめ。カマの部分から頭を落として3枚卸しにして腹骨を取除き、中骨を骨抜きで抜きます。
皮は頭側から手でむいていきます。軍手や布巾などで手をカバーしましょう。
ワサビじょうゆ、又は塩とカボス(スダチまたはレモン)汁をかけて食べるのがおすすめ。