サヨリと菜花の昆布〆

【材料(2人前)】

サヨリ
2尾
菜の花
1/4束
昆布
24g

少々

少々

【作り方】

サヨリは通常とおり3枚に卸し、腹骨をすきとり、うすく塩をなめします。
菜の花は上部の柔らかい花の部分を4cmに切り、余分な葉をむしり取り塩水で、少々固めにボイルして、冷水にてさまし水気を良く絞り、塩少々をからめておきます。
ぬれタオルを軟く絞り、昆布にかけてもどします。これに酢をうすくこすり、サヨリ、菜の花を敷き、昆布でサンドにします。ラップをして、なにかで重石をすれば半日で食べられます。重石をしない場合は一中夜冷蔵庫に入れて下さい。
昆布からはずして、サヨリの皮をむき、適当な大きさに切り、菜の花と共に美しく盛りつけ、季節のつまをあしらいましょう。

《ポイント》

食べる時、煎り酒等も美味ですが、ご家庭では正油と酢を7:3で割った物、ポン酢等でもけっこうです。又そのままなにも付けず、とろろ昆布と食しても、日本酒のあてに最適です。