いくら醤油漬

【材料(2人分)】

生筋子
300g
醤油ダレ
酒・みりん・しょうゆ
各々同じ割合。またはお好みの割合で(ダシ汁を入れてもよい)鍋に入れて煮切り、1割ほど煮詰める

【作り方】

A・Bどちらかの方法で筋子をばらす。

A.餅焼き用の網の下にボールをおき、網の上に筋子をのせて、手の平で筋子をなでるようにするとポロポロとほぐれる。
B.風呂より少し熱いくらいのお湯に筋子を入れて、膜の裂け目から裏返すようにして指先でそっとほぐしていく。
ばらばらになったいくらは水で数回洗い、カスを流す。
最後に塩水で洗うと、きれいなオレンジ色になる。
ざるにあけ、水気を充分きったあと、冷ましたタレに漬け込む。
4~5時間たったら、味見をする。味が充分ついていたらタレからあげる。

《ポイント》

万が一、漬け込みすぎてしまった場合は、大根おろしとともに食べる。
塩いくらを作る場合は、タレに漬け込むかわりに塩をして寝かせる。