鯖蓮根はさみ揚

【材料】

真さば
1/2尾
蓮根
4cm
卵白
1ヶ分
片栗粉
少々

【作り方】

サバは、広めの薄切りにして、うす目に塩をなめす。
蓮根は、皮をむき7mm位の厚さに輪切りにして、あく止めにしておく。
蓮根に片栗粉をまぶし、卵白をぬり、打ち粉をしたサバ・蓮根をのせ、サンドにする。これに打ち粉をして割衣で160℃で揚げる。
揚げたら1/2にカットして器に盛る。
つけ露は、出汁5・味汁1・醤油1の汁に、洗った米を煎り米にした物を煮立ったら入れ漉した物を使用する。あしらいに、青唐・茄子等、季節の野菜を使用。薬味に大根おろし・おろし生姜。浅月・紅おろし・柚子おろしなどもよし。

《ポイント》

衣は、割り衣でなく、ミジン粉・煎粉等でも合う。割り衣は、小麦粉の分量に2割の片栗粉を加えた物に卵黄水で溶いたもの。