生ニシンのマリネ

【材料】

生ニシン
(鮮度の良いもの)
1~2尾
タマネギ
適量(中1個)
ローリエ
1枚
粒こしょう
適量
マリネ液
白ワイン(辛口)
各100ml


小さじ1
ローリエ
1枚
砂糖
小さじ2
すりおろしにんにく
小さじ1

【作り方】

マリネ液の材料を鍋に入れて中火にかけ、煮立ったら火を止めて冷ます。
にしんはウロコを引き3枚卸にし腹骨をかきとり、骨抜きで中骨や小骨を抜く。
にしんの両面にまんべんなく塩を振り、20分おいたのちサッと水洗いする。
【にしんにはサバやスルメイカ同様、寄生虫のアニサキスがいる場合があり、注意が必要です。3の段階で水気をきり、ラップにくるんで1日以上冷凍するとアニサキス対策になります。】
にしんは水気をよく拭きとり、一口大に切り、スライスしたタマネギとともに 冷ましたマリネ液に漬け、上から粒こしょうを適量振る。
冷蔵庫で寝かせ、にしんが白くなり、タマネギがしんなりとした頃合に食べる。

《ポイント》

小骨を抜くのが面倒な場合は小骨のある部分に斜めに包丁を入れて断ち切り (=骨切り)、マリネ液に3日間以上漬け込むとやわらかく食べやすくなります。