平政アラ煮

【材料】

ヒラマサの頭・カマ
1/2尾分
芋芳
1/2本
古根
30g

1000cc
濃口醤油
150cc
味醂
200cc
タマリ醤油
50cc
水あめ
50g

【作り方】

ヒラマサの頭・カマを100g位づつ包丁して、霜をふり流水に入れ血、ウロコ等を良く洗い水気を切っておく。
芋芳は、水洗いして、長さ5㎝、太い部分は四つ割に切って水に晒す。
ヒラマサを大鍋に入れ(重ならないように)ゴボウを入れ酒を加え、落し蓋をして、強火に掛け煮立ってきたらアクを取り、砂糖、醤油の順で、3~4回わけて、味付けをして、上りに味醂、水アメを加え、照りをつける。
器に盛り前盛りにゴボーを立てて盛り、ヒラマサの上に針生姜をたっぷり剣に盛る。
※写真はあえて、頭をそのまま煮ました。

《ポイント》

煮魚よりかなり味を濃いめにします(砂糖、醤油供) 味付けする時は砂糖から加え、砂糖がとけたら醤油を入れます。