トビウオのなめろう

【材料(2人前)】

とびうお
1尾
味噌
大さじ2
長ネギ(みじん切り)
適量(大さじ3ほど)
万能ネギ
適量
しょうが
(すりおろすまたはみじん切り)
小さじ1ほど

【作り方】

トビウオは刺身用に作取りする。…3枚卸にし、腹骨を取る。→皮を引く。
作取りしたトビウオの“中骨(身の中央、頭の方から尾の方へと並んでいる骨)”を外す。…中央にある骨に沿って両側から包丁を入れ、中骨部分だけ切り取る。
残った骨のない部分を包丁でみじん切りにし、長ネギのみじん切り、しょうが、味噌を加えて包丁でたたきながら粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
皿に盛り、刻んだ万能ネギをかける。
あつあつのごはんにのせて食べるのがおすすめ。また、お酢をかけてもよい。

《ポイント》

なめろうは千葉の漁師料理。ごはんにのせてお茶漬けにしたものが“孫茶(まごちゃ)”、なめろうを焼いたものは“さんが焼き”と呼ばれる。
味噌やネギの量は目安ですのでお好みに合わせて加減するとよいでしょう。