いさき(伊佐幾、伊佐木)

梅雨イサキは鯛より旨い!も旬の名残となりました。

別名

シャミセン、ツンテン、イサギ、クロブタ、フッカ、カジヤゴロシ

名前の由来

磯に生息することから、イソ(磯)のキ(魚を意味する接尾語)が転じました。

6~8月

主産地、分布

福岡、長崎、愛媛、高知、伊豆七島、千葉

特徴

体側が白地に茶褐色の3本線が入っているのが幼魚。成長するたびに縞が不鮮明になり、大人になると濃い茶になります。

まめ知識

ヒレのトゲ、中骨は硬いので注意。昔、骨がノドにささって死んだ鍛冶屋がいたので「カジヤゴロシ」と云われています。

栄養素、旨み成分

カルシウム、ビタミンD、亜鉛

選び方

腹部が張っているもの。目は新鮮なものでもくもっているのでポイントにはなりません。

食べ方

さしみ、塩焼、ムニエル、煮付け、カルパッチョ、水なます。