あさばかれい (浅羽鰈)

カレイの煮つけといえばこのかれいです。

別名

オキクチボソ(ガレイ)、ブタガレイ

11~1月

名前の由来

冬の産卵期に内湾の浅場に集まることから。

主産地、分布

北海道。オホーツク海~北陸、三陸、アラスカ。

特徴

秋から冬にかけて身が厚くなる。
くずれやすいので弱火でゆっくり煮るのがコツ。

まめ知識

冷凍の子持ちカレイはほとんどが浅羽カレイです。

栄養素、旨み成分

脂肪が少なく淡白な味。ビタミンB1・D、ナイアシンが多い。

選び方

ほとんどが切り身で流通。身が厚くて、卵が大きい。生が出回るのは旬の今だけです。

食べ方

濃い目の味付けの煮つけでどうぞ。