あんこう鍋

【材料(分量は目安)】

あんこう・あんきも・はくさい・春菊・しらたき・しいたけ・えのき・にんじん・長ネギなど 各適量
水1Lほどにつき  酒・みりん・しょうゆ(各大さじ1~2)、味噌(大さじ6)、昆布(10センチほど)

【作り方】

  1. 鍋(あんこう鍋に使うものとは別の鍋)にひとつまみ塩を入れてわかし、あんこう(肝以外)を入れる。
  2. 表面が白くなったら冷水にとり、粗熱を冷まし、その後、水気を切る。
  3. 鍋(土鍋)にあんきもを入れて乾煎りし、すりつぶしながらかきまぜる。
  4. こげてしまう前に水・酒・昆布・適当な大きさに切った野菜類を入れる。あんこうの骨部分があれば、この時、一緒に入れる。
  5. 煮立ってきたら残りのあんこうを入れ、しょうゆとみりんを加える。
  6. 仕上げに味噌を溶き入れ、しょうゆで味をととのえる。お好みでコチュジャンを小さじ2、3杯入れるとアクセントになる。

《ポイント》

あんこうは身以上に肝が人気
あんこう鍋は、しょうゆ味・味噌味、肝をつぶす・つぶさずそのまま入れる、或いは漬け汁に溶かしいれる、など様々です。あんこう鍋にする際は、肝だけ別に買い足すのがおすすめ。