今月のおすすめ鮮魚

まこかれい(真子鰈)

この魚の口はいわゆる「おちょぼ口」です

別名
アマテ(瀬戸内・鹿児島)ウソ(富山)チクラ(仙台)クチボソ(富山)ホウショウ(七尾)カシラクロ(青森)モガレイ(愛知・静岡)
関東では「霜月ガレイ」とも呼ばれ、11月頃に東北で獲れたものを最上とし、冬場が旬。日出という城下町で獲れる「城下ガレイ」なる名物があり、初夏を旬とします。
主産地
千葉、茨城、福島、青森、北海道。
特徴
マガレイとの違いは両眼の間にマガレイは鱗がなく、吻部がマガレイに比べて円くなく、また普通、無眼側には尾に沿って走る淡黄色の帯もないのがマコガレイです。瀬戸内海では10月中旬頃から釣れ出し、産卵のために浅場に接岸しているので「のぼりガレイ」といいます。産卵を終えたカレイは再び接岸してきます。これを「もどりガレイ」と呼び、ちょうど桜の開花時期にあたるので「花見ガレイ」とも呼ばれています。
食べ方
煮て食べても脂があって美味しい。縁側を「カレイのかくし味」ともいいます。縁側にはコラーゲン(タンパク質の一種で細胞と細胞を結びつける結合組織の主成分)が多く含まれており、皮膚を張りのあるつややかなものにし、いつまでも若々しい肌を保たせる働きがあります。煮付のあと冷やすと出来るのが「煮こごり」で、この煮こごりはコラーゲンが熱で溶けたものです。

←戻る