すけそうたら (介党鱈・助宗鱈)

親より子供の方が有名です。
北海道では真ダラよりよく食べます。

別名

メンタイ、シラシタラ、ヨイダラ、ガンスケ、標準和名は「スケトウダラ」

名前の由来

昔、佐渡は「スケ」と呼ばれ、そこでよく取れた鱈でスケトウダラ。

10~4月。最盛期は1~2月

主産地、分布

北海道、岩手、青森

特徴

真ダラ以上に鮮度劣化が早いのが特徴です。本当は真鱈以上においしいのですが・・・。下あごは上あごより前に出て、1本の短いヒゲがある。背びれは3枚、しりビレは2枚。水深200m当たりに多く生息し、漁獲量は激減しています。

マメ知識

冷凍のすり身にして利用されるようになったのは、1960年に北海道で開発された「冷凍スリ身化技術」のおかげです。しかし今や2/3を輸入に頼っています。マクドナルドのフィレオフィッシュはスケソウダラです。“スリミ”の原料として、世界中で引っ張りだこの人気。かまぼこの原料にもなります。

栄養素、旨み成分

イノシン酸、グルタミン酸、グリシンなどのアミノ酸。ビタミンAとB12がマダラより豊富。卵にはビタミンB1、B2が豊富。

選び方

一尾丸ごとの場合は、目が澄んでいる、体色が濃くツヤがある。切り身の場合は、切り口がしっかりし、身の色が変色していない。

食べ方

煮付け:大根やさといもと薄しょうゆ味で煮付ける。※一旦、塩で身をしめると煮くずれしにくくなります。
ちゃんちゃん焼き:さけに勝るとも劣らぬうまさですよ。
三平汁:脂肪分が少ないので、揚物にも向いています。